hair

シャンプーの選び方その②

前回の記事で気を付けなければいけない成分を載せさせていただきました。
今回は、髪の毛に良い成分を箇条書きで
簡単にまとめたものをご紹介したいと思います♬^^

【Shampoo成分】

●タウリン系→→→さっぱり。低刺激、泡切れ良い、きしみ少ない。
・ココイルメイルタウリンNa
・ラウロイルメチルタウリンNa
※ボリューム出ない✖

●ベタイン系→→→両性界面活性剤。ラウレス系の刺激緩和に。低刺激、適度な洗浄力、残りやすいのですすぎしっかり。
・コカミドプロピルベタイン
・ラウラミドプロピルベタイン
・ラウリルベタイン
・他(ココアンホ・ラウロアンホ酢酸Na)
☆敏感肌、カラー、パーマヘアにおすすめ◎

●アミノ酸系→→→安全性が高く、低刺激。しっとり。洗浄力控えめ、気泡性低め。
・ココイルグルタミン酸Na
・ラウロイルグルタミン酸Na
・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルメチルアラニンNa
☆敏感肌、広がる髪質におすすめ◎
☝グルタミン酸よりアラニンタイプの方が洗浄力、気泡性高い。

●PPT洗浄剤→→→界面活性剤に補修性をプラス。原価が高いため販売価格は高め。
・ココイル加水分解コラーゲンNa
・ラウロイルシルクアミノ酸Na
☆ダメージヘアにおすすめ◎

●頭皮タイプ(スカルプ系)→→→洗浄力高い。高級アルコールよりも皮膚刺激は抑えめ。
・ラウレスサルコシンTEA
・スルホコハクラウレス2Na
・ラウレス-酢酸Na
☆オイリー肌におすすめ◎

こんな感じでまとめてみましたが…カタカナが多く混乱してしまいますが
よい成分を覚えるか、悪い成分を覚えるか…
片方から覚えると覚えやすいかもしれないですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です